すっぽん活用ブック
すっぽんのサプリメントを徹底比較!
男性向け・女性向けをそれぞれナビゲートします!

すっぽんを食べ始めたのはいつ?

高級食材の印象が強いすっぽんですが、いつごろから日本で食べられるようになったのでしょうか。
ちょっと敷居が高く、縁遠いすっぽんですが、食された歴史について調べてみることにしましょう。

滋養食材でもあるすっぽんは、リジンやトリプトファンといったアミノ酸が多く含まれる食材です。
有用したい食材ではありますが、現在の日本では、専門の高級料理店でしか料理を食べることができません。
この独特な食材が、いつごろから食べられるようになったのでしょうか。

歴史は古く、3千年前の中国が始まりでした。
中国では、おもにオスを食用とし、メスは繁殖用とされていました。

日本では、縄文時代には食用とされていたという記述が最初とされています。
江戸時代には今のように、滋養強壮を目的として食されていたといいます。
明治時代には養殖が行われるようになりました。
現在のように、専門店で高級食材として提供するようになったのは、1980年ごろと、ごく最近のことです。

今、世の中に出回っているすっぽんはそのほとんどが養殖ものです。
それでも、高級食材とされているのは、天然ものと変わらない豊富な栄養と美味しさが保たれているからではないでしょうか。

栄養面では、先にあげたいアミノ酸のほか、カルシウムやマグネシウムといったミネラル、葉酸を代表とするビタミンといった、人の健康に不可欠な多くの成分が含まれているので、とりことなる方が絶えないのでしょう。

トップに戻る